モビットは店舗で借りるべき?ベストな借り入れ方法を直撃

モビットは店舗で借りるべき?ベストな借り入れ方法を直撃

モビットの契約は店舗でするの?申し込み方法について調べました

リスト 【モビット】無人機に行きますか?
 ↓ ↓ ↓ ↓ 
モビット急ぎ借り入れ
モビット公式ページ
http://www.mobit.ne.jp/

モビット店舗のようなカードローンは、専用ローンカードを発行してATM経由で借入を行なう方法が一般的ですが、カードレスタイプのキャッシングも登場しています。背景には、ブロードバンド環境とスマートフォンが急速に普及したことにより、いつでも好きな時に手続きが出来るようになったことが挙げられます。

スマートフォンに付いているカメラ機能は、既に1000万画素を超えており、本人確認書類や収入証明書を画像送信する環境として適しているでしょう。モビット店舗のカードローンでは、WEB完結申し込みを選択出来るようになっており、WEB完結申し込みを行なうとカードレスタイプの振込融資専門のキャッシングサービスを利用可能です。

申し込みだけでなく、本人確認や勤務先への在籍確認についても全て書面にて行えるので、入力ミスを起こさない限り電話連絡無しに審査結果が出ます。借入を行なう際には、会員サイト経由で振込融資を依頼すれば、依頼時間により当日または翌営業日に振込が完了するわけです。

後から専用ローンカードを発行するタイプへ契約変更を行いたい場合には、返済方法が切り替えになる影響も出るので、契約切り替え手続きが必要となる点に注意が必要です。

最初からカードレスタイプの契約とするかどうかは、WEB完結申し込みをおこなうか決める段階で決断が必要です。

>>《スマホ》から24時間OK!今すぐ借りたいならモビットで申込み!

モビット無人機検索
モビット店舗はどんな人に向いているの?

大手消費者金融を利用する時、どんな基準で選びますか?正直どちらも同じように見えますが、モビット店舗だけは一線を画しています。なぜなら大手消費者金融の中で唯一、初めての契約者のための最大30日間の無利息サービスがないからです。同じ三井住友銀行グループのプレミスにはあるのに、これではモビットを利用する意義はないかと思われます。

否モビット店舗を利用するメリットは、職場への在籍確認の電話連絡や自宅への郵送物が一切ないというWEB完結申込ができるということです。ですから仕事場の同僚や同居の家族に内緒で借りたい方に、メリットがあるカードローンなのです。

ただしモビット店舗のWEB完結申込の条件は3つあります。1つ目は三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の口座を持っていることです。2つ目は全国健康保険協会の健康保険証または組合保険証を持っていることです。つまり自営業者などの国民健康保険の方は不可となります。3つ目は収入証明書(源泉徴収票や給与明細など)を提出することです。

なお平日に即日振込融資を受けるには、14時50分までに振込申請が完了している必要があります。つまりWEB完結申込はカードも発行されないので振込融資しか受けられず、原則平日にしか借りられないのです。ただしセブン銀行の口座をお持ちの方は、アプリからいつでもセブン銀行の口座に振込申請でき、すぐに振り込まれます。ですからセブン銀行の口座をお持ちなら、土日祝日でも21時までの審査に通れば即日振込融資が受けられるのです。

このようにモビット店舗は、自営業者などを除いて誰にもばれずにお金を借りたい方に最適です。そしてセブン銀行の口座をお持ちの方で、土日祝日にわざわざ自動契約機まで行くのがめんどくさい方にも便利です。

モビットならコンビニ返済が利用しやすい

モビット店舗といえば、WEB完結申込みによるカードレスタイプのカードローンを思い浮かべる人が多いでしょう。しかし、自動契約機コーナーが全国に設置されていることからも分かるように、専用ローンカードを発行して利用することも可能です。

カードレスタイプと専用ローンカード発行によるモビット利用という相反する2つの方法で借入れと返済が出来ますが、専用ローンカードを発行するとコンビニ返済が便利となることを知れば、大手消費者金融へ申込みする際にモビットという選択肢が更に上位に出てくるでしょう。

ファミリーマートに設置されているファミポートと、ローソンとミニストップに設置されているLoppiを利用すれば、各種収納代行を利用できます。

提携ATMからの返済や銀行振込を利用した返済を行なうと、振込手数料や提携ATM利用手数料が掛かりますが、各種収納代行を使えば手数料は無料です。各種収納代行申込券を発見する際に、専用ローンカードが必要となるので、随時返済を行なったり日付が変わる前に返済を済ませてしまいたいという時にも、コンビニATMを使わずに手数料を節約可能です。

収納代行システムを利用すると、日付入りの領収を受け取れるので、約定返済日を守った証明になります。

モビット店舗のキャッシングとは?

お金を借りる時にはどんな場合でも少なからず審査をされることになります。これは身元の確認から、他から借金の有無、或いは多寡も含めてやることになります。任意整理をしたことがあるとかそうしたことも評価に入ることになります。

そのような審査を通過して、お金を借りることができるようになるわけです。これは決して単純なことではありませんから、キチンとこちらから情報を提供することになります。身分証はもちろんのことですが、他からの借金なども伝えることになります。

他社からの借り入れの金額などを細かく申請をするときに言うことになるでしょう。そして、業者は指定信用情報機関に問い合わせることによって、それがわかるようになっています。わかるのに借りたい人に問う、というのは?をつかないかどうかを判断されているとも理解しておいたほうがよいでしょう。

それによって、まったく違うことがあるのです。つまりは、正直にいうことが求められているわけです。モビット店舗のキャッシングの審査ですが最初に通過すればしばらくはそのままで大丈夫です。

何ヶ月かに一回、審査をされることになるのですが、これはほぼ自動でやってもらうことができるようになっているのです。

モビットの利息は高いの?

モビット店舗のようなキャッシングでお金を借りた場合、当然ですが利息を支払うことになります。これは金利と密接に関係していることであり、つまりは10万円借りて、金利が12%でしたら利息は月々、1万円、となるわけです。かなり漠然とした、とてもわかりやすい数字にして、このようになります。

当然、毎月元本は少しずつでも減らすことになりますし、毎月の支払額というのは意外と上下したりすることになりますが、その点はよく理解しておいたほうがよいでしょう。

そして、そんな中でモビット店舗に限らずよくよく知っておくべきことがさらにあります。それは利息とは支払いの延滞をしてしまった場合に高くなる、ということです。これは遅延損害金というのを支払うことになるからです。

大体、金利が20%になる、というのが遅延したときの支払いのペナルティのような形になっていますが、当然、業者ごとに若干違うことになりますから、注意しましょう。

利息を減らす方法というのはそんなに難しいことではないです。理屈としては金利が低いところから借りなおす、或いは繰り上げ返済してしまう、ということがあります。

これによって利息を少しでも減らすことができるようになります。ですからどんどん繰り上げ返済をするようにしましょう。

カードローンは3年以内に返済できる額に抑えると良い

モビット店舗のようなカードローンの契約を行なう際には、申込み先金融業者が審査により決定した利用限度額の範囲内で繰り返し借入れと返済を利用可能です。利用規約を確認すると、必ず何回以内に返済するかという記載があるので、最大60回や84回といった記載がされています。

しかし、3年を上回る返済期間が続くと、借入れ元本に対して利息を支払う金額が大きくなってしまうので、少なくとも3年以内に返済することが望ましいです。

実際に年18%の金利で7年間借入れを行い、返済直後に借入れを繰り返す自転車操業を行なってしまうと、年18%の利息を7年分まるまる支払っている状態になりかねません。

18%を7年間ですから、元本を減らさない限りは元本の126%を支払っていることになるので、既に元本を超えた利息を支払う結果になりかねません。理想は1年以内に完済することが望ましいですが、少なくとも借入れを行なう際には、3年以内に返済が完了することを目安に借り過ぎに対して注意が必要です。

元本に対して50%以上の累積利息が発生する借り方は、金融業者を儲けさせるだけであって、利用者にとって全くメリットがありません。何年も先まで返済を続けずに済むモビット店舗のような金融業者との付き合い方が必要となるでしょう。

キャッシング会社の比較は必要?どこも同じ?

モビット店舗のようなキャッシングを契約しようと思った時、気になるのがどこの業者と契約をすればいいか、ということです。まず気にして欲しいのが、幾ら借りて、その上で使用用途がはっきりしているのかどうかを確認してください。

さて、1万か10万か100万か、借りたい金額が決まれば、各キャッシング会社の利率と毎月の最低返済金額を確認しましょう。例えば10万円を借りた時に、Aの方がBより利率が低かったとしましょう。一方で100万円借りた時には、Bの方がAより利率が低い場合があるのです。

こういった事象はモビット店舗のような会社ごとに利率の考え方が異なることから発生します。そのため、まず自分が幾ら借りたいか決めることが大切です。例えば、日本には100万円以上を貸し付ける場合、MAXの利率は幾らにしないといけない、という規定があります。

利子で儲けるキャッシング会社ですから、「当然どこもMAXの利率でしょ?」と思うかもしれません。しかしそうすると、会社同士で差別化をすることが難しくなるため、キャッシング会社によって利率の考え方が異なって来るのです。

そのため、一概にどこも同じだと適当に考えるのではなく、きちんと各会社を比較して、自分にあったキャッシング会社を選びましょう。